ブログトップ

カメラマンのお仕事

szpck4.exblog.jp

NP養成、全国に拡大へ―胎動する新時代の看護(上)(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は昨年夏、「チーム医療の推進に関する検討会」を設置し、看護師の業務範囲を拡大すべきかの検討に入った。医療機器の使用や薬の投与など、看護師の「診療の補助」について、保健師助産師看護師法(保助看法)では、医師の指示がなければ行ってはならないと定めており、同検討会では法改正の是非をめぐって激しい議論が繰り広げられている。そんな中、初期症状の診断や処方を行う米国の「ナースプラクティショナー(NP、診療看護師)」に注目が集まっている。大分県立看護科学大の大学院は一昨年春、日本初のNP養成課程を設置。現在、国内の3大学で養成しているが、今年春には東京医療保健大や北海道医療大でも始まり、全国にすそ野を広げている。医療の日進月歩とともに高度化する看護の現場―。胎動する新時代の看護の現状を探った。

【複数の写真や図表のはいった記事詳細】


 「いわゆる『3分診療』の解消。そして、無医地区で活躍できるような看護職を育てたい」―。日本NP協議会会長で大分県立看護科学大の草間朋子学長は、NP養成課程の設置に至った経緯をこう説明する。急増する看護系大学院で高度な技術や知識を持つ人材を養成し、深刻化する地方の医療崩壊に歯止めを掛けたい考えだ。
 同大では5年前、学内にプロジェクトチームを設置し、指導教員やカリキュラムなど教育体制の準備を開始。教員12人を米国に送り込み、NPを養成する大学や実際の現場を視察した。また年2回、米国の姉妹大学からNPを招いて国際会議を開き、NP養成の歴史や教育内容などの情報収集にも努めたという。

 NPの定義について、草間学長は「ケアだけでなく、医療行為の一部も提供できる看護師」としているが、日本の医師法などでは、医師・歯科医師以外の診断や処方は認められていない。このため、同大では一昨年の秋以降、NP養成課程の修了者の診療行為を一定の範囲内で認めるよう、国に特区提案を出している。しかし、これまで2回の申請で厚労省側は、医師法を理由に「特区として対応不可」と回答。これについて政府の規制改革会議は、同省に再検討を求めている。同大では既に3度目の申請を終えており、今春早々に結果が発表される。

 日本でNPを制度化するため、草間学長は、▽国民の理解▽看護界の合意形成▽他の医療職の理解▽行政の理解―の4つの必要性を示しているが、医療界の意見は割れている。日本医師会がNPの導入に反対の意向を表明しているのに対し、日本外科学会など外科系5学会は昨年11月、外科医の過重労働を解消するため、NPの早期導入を求める要望書を厚労省に提出している。
 また、病院側も制度化に前向きだ。昨年夏に日本病院会が実施した調査では、NPが安定期の糖尿病や高血圧症の外来診療を行うことについて、会員病院の半数以上が賛成と回答。全国自治体病院協議会もNPの養成に賛成の意向を示している。
 民主党は政策集インデックスで、専門的な臨床教育を受けた看護師の業務範囲を拡大し、医療行為の一部を分担させる方針を示しており、厚労省の足立信也政務官もNPの活用に前向きだ。さらに、規制改革会議は昨年末の仙谷由人行政刷新担当相への提言で、「医師の負担を軽減するため、『診療看護師』資格を新設し、一部の医療行為を診療看護師が担うことができるようにする」ことを医療分野の重点課題の一つに挙げている。

■ケアかキュアか、制度化を阻む「看護観」の壁

 一方、当事者となる看護界の意見は割れており、日本看護協会(日看協)もまだ明確な見解を明らかにしていない。こうした背景には、二つの問題が複雑に絡んでいる。一つ目は、日看協が認定している専門看護師(CNS)と認定看護師(CN)の存在だ。
 CNSの認定を受けるには、実務経験5年以上の看護職(保健師、助産師、看護師免許のいずれかを所持)が、看護系大学院で指定された単位を取得しなければならない。また、CNでは実務経験5年以上の看護職が半年(600時間以上)の教育課程を修了する必要がある。昨年度までに認定されたCNSは全国で302人。一方、CNは現在5794人に上り、いずれも急増している。こうした現状から、新職種の創設ではなく、CNSとCNのさらなる活用を求める声もある。これについて草間学長は、「ケアをより深めた専門看護師と認定看護師ももちろん必要だが、診療看護師は看護の業務範囲を広げることでチーム医療に貢献する。目指す方向が違う」と指摘する。

 二つ目の問題は、看護師はケアをすべきで、キュア(治療)の領域に足を踏み入れるべきではないとする「看護観」の壁だ。しかし、米国でNPとして活躍する緒方さやかさんによると、1960年代の米国でもこうした議論が沸き起こったという。「それが、NPができる前も、実は患者のニーズに応じて、優秀な看護師は既に診療行為に近いことをしていました。ケアとキュアの融合というNPは、次第に看護界に受け入れられていくようになりました」。

■保助看法の「診療の補助」でよいとの意見も

 保助看法上の「診療の補助」のままでよいとする意見もある。医療現場では医師の指示の下、法律を拡大解釈する「グレーゾーン」でやらざるを得ないため、明確な線引きがかえって邪魔になるとの見方からだ。草間学長はこれについて、「今やっていること、社会が求めていること、そして行うべきことは分けて考える必要がある」と指摘。「系統的な教育を受け、それが制度化されていることが、安心、安全な医療の提供につながる」と強調している。


【関連記事】
混合診療解禁に「断固として反対」−日医が見解
次期診療報酬改定、在宅医療も評価を
チーム医療でのNPの可能性などテーマに議論
外科系5学会がNPなどの早期確立を要望
新職種の創設に慎重論も―チーム医療検討会

平成の牛若丸
けいいちのブログ
ショッピング枠現金化
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
[PR]
# by yfjmwucyba | 2010-01-12 12:14

女子高生ら2人を児童買春 容疑の海上自衛官逮捕(産経新聞)

 女子高生ら2人に現金を渡し、みだらな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課などは6日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、海上自衛隊呉地方総監部の海曹長、迫田定(さだむ)容疑者(46)=広島県呉市=を逮捕した。県警によると、迫田容疑者は「制服姿を写真撮影しただけだ」と容疑を否認しているという。

 県警の調べによると、迫田容疑者は昨年1月25日と2月3日の2回にわたり、神奈川県厚木市のホテルで、当時女子高生だった無職少女(17)ら2人に現金計8万円を渡し、みだらな行為をした疑いが持たれている。

 迫田容疑者は1月25日と2月3日は神奈川県横須賀市の海上自衛隊に、艦隊の訓練のために出張していたという。1月25日に会員制の出会い系サイト「わくわくメール」にアクセスし、少女と知り合った。少女が「女2人で3P希望」と書き込み、迫田容疑者が「制服持っている人希望」などとメールで連絡してきたという。

 県警によると、迫田容疑者は少女らに自分はカメラマンだと偽り、制服姿で写真撮影し、別に計2万円を渡していた。迫田容疑者は警察の捜査を警戒し、少女らに金を渡す際、「靴下に隠して、警察に呼び止められたら、写真撮影していただけとだ言うように」などと指示。また、ベッドのシーツを直し「シーツをきれいに整えておけば、ばれることはない」などと話していたという。

【関連記事】
早大生を高校生買春容疑で逮捕 みだらな行為はやったが金の約束は…
児童買春で中学校教諭を懲戒免職 京都市教委
買春容疑で司法書士逮捕 別の少女とも「3回やった」
携帯サイトで知り合った中学生を買春 容疑の県立病院医長逮捕
「セックス好き。教え子と同年代の子と…」 買春容疑の高校教諭逮捕

不知火
よしはるのブログ
ショッピング枠現金化
現金化
出会いランキング
[PR]
# by yfjmwucyba | 2010-01-09 13:52

「戦え!」中曽根氏ら首相経験者が谷垣氏にカツ(産経新聞)

 「戦うときは積極的に戦え」−。中曽根康弘元首相は7日、新年のあいさつに東京・虎ノ門の事務所を訪れた自民党の谷垣禎一総裁に対し、通常国会に臨む姿勢をこう強調し、温厚で「お人よし」といわれる谷垣氏に「鬼」になるよう指導した。

 中曽根氏は、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の政治とカネをめぐる問題を攻めるよう具体的なアドバイスも行った。

 谷垣氏は続いて海部俊樹、福田康夫両元首相の事務所を訪問。福田氏は天皇陛下と習近平中国国家副主席との「特例会見」問題を挙げ「憲法の原則を曲げるようなことにはきちんと追及すべきだ」と述べた。

 一連の会談では、夏の参院選の出馬に意欲をみせる山崎拓元副総裁の去就も話題になった。小泉純一郎元首相に引退勧告された経験をもつ中曽根氏が「山崎君もだいぶ悩んでいるようだ」と振ると、谷垣氏は「衆院選はそう遠くない。参院選のことだけを考えてもいけない」と、公認に慎重な考えを改めて示した。

 海部氏は「年長者の問題は右顧左眄(うこさべん)せず、総裁自身が決めるべきだ」と、谷垣氏のリーダーシップ発揮を促した。

上野の鬼嫁日記
しげふみのブログ
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
競馬サイト
[PR]
# by yfjmwucyba | 2010-01-08 17:12

<カンボジア>地雷原に綿花を 支援NPO認証へ(毎日新聞)

 今なお多くの地雷が残るカンボジアの「地雷原」で生きる貧しい人々を、綿の有機栽培を通じて支援するNPO法人が、国内の写真家らによって設立される。近く東京都の認証を受ける予定だ。NPOの名称は「地雷原を綿畑に!」。半世紀前に途絶えた伝統の手紡ぎ技術を復興、木綿を生産し、日本など先進国で販売する。有機栽培の木綿製品は高品質な「オーガニック・コットン」と呼ばれ、国内の業界からも注目されている。【永山悦子】

【関連写真特集】悪魔の兵器 地雷の恐怖

 NPOの共同代表者を務めるのは、カンボジアで貧困にあえぐ住民への支援活動に取り組んできた山本賢蔵さん(49)と、写真家の石井麻木さん(28)。

 NPOは、プノンペンの北西に位置し、タイ国境に近いバタンバン州内の地雷原に住む人々に綿の有機栽培を指導する。政府機関に依頼して、畑の地雷を除去。採取した綿から糸を紡ぎ、ストールなどに加工して販売する。同州には地雷被害で足などを失い、経済的に困窮している人が多い。現在、綿栽培に5家族、手紡ぎに30家族が参加し、徐々に収入を得始めている。

 カンボジアの綿栽培は約50年前まで盛んだったが、内戦によって廃れた。山本さんは07年、プノンペンの北東約90キロのメコン川に浮かぶコーソチン島に綿栽培技術がかろうじて残っていることを知った。「カンボジアの伝統技術を復興させ、カンボジアの人々の誇りを取り戻させたい」と綿栽培の振興に乗り出し、手紡ぎ技術を覚えている80歳代のおばあさんを探し出した。

 石井さんは昨年3月に現地を訪れた際、地雷と隣り合わせに生きる人々の存在を知り、大きな衝撃を受けた。「知ったからには何もしないわけにはいかない」と突き動かされ、共同代表者として主に国内の活動に取り組むことになった。

 メンバーは現地の住民が綿栽培や手紡ぎを学ぶ会を開いたり、住民に手紡ぎ機を贈呈する活動を始めている。石井さんは「私たちが訪れるたびに皆の笑顔の輝きが増す。この笑顔がずっと続くように、私たちも一生活動を続けなければならない」と誓う。

 問い合わせは、ファクス(050・3488・5970)かメール(info@naturesavescambodia.org)へ。

【関連ニュース】
写真と図で知るクラスター爆弾
タイ:貨物機から大量の兵器押収 北朝鮮から飛来、密輸か 09年12月
時代を駆ける:有森裕子/1 第2のライフワークはカンボジア支援
<ニュースがわかる>核兵器のない世界へ
社説:2010再建の年 国際 核廃絶に踏み出す時だ

w3de7p42の日記ブログ管理ツール
x728244xのブログ
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
[PR]
# by yfjmwucyba | 2010-01-08 17:12

<ウマヅラハギ>福井沖で大漁 エチゼンクラゲの副産物(毎日新聞)

 淡泊な白身と濃厚な味の肝で鍋物などに珍重されるウマヅラハギの大漁が福井県沖の日本海で続いている。好物の餌はクラゲで、地元の漁師の間では「2年ぶりに大量発生したエチゼンクラゲがもたらした副産物」と、話題になっている。

 ウマヅラハギはフグ目カワハギ科の魚で、今が旬。漁師らによると、昨年10月ごろからよく取れるようになった。福井県美浜町の日向漁協では、ふだんなら1トンの水揚げでも豊漁とされるが、先月下旬には5トン以上の水揚げがある日もあった。宴会が多い時期で需要も多く、値崩れも少ないと喜ばれている。

 体長が1メートル以上にもなる大型クラゲ・エチゼンクラゲの副産物として、同県沿岸では確認されることの少ないウミガメの一種でクラゲを餌にするオサガメが秋以降に相次いで確認されていることも話題になっている。

 同県小浜市沖の若狭湾で定置網漁をする浦谷俊晴さん(40)は、「これほどのウマヅラハギの大漁は記憶にない」と指摘し、「エチゼンクラゲはいないに越したことはないが、環境は変化している。それに対応して漁もやっていかなければならない」と話した。【高橋隆輔】

【関連ニュース】
ホッキ貝:冬季漁が本格化 北海道の苫小牧漁港で
日露地先沖合漁業交渉:10年の相互入漁漁獲枠は微減
ネット利用:漁の様子を生中継、販売も…岩手県大船渡市で
農and食・捨てないで:第4部・生産現場から/下 規格外の魚、活用に知恵
マグロ:正月用、水揚げ大忙し−−銚子漁港 /千葉

お弁当の知恵
げんいちのブログ
クレジットカード現金化
ネイルサロン
パチンコ攻略
[PR]
# by yfjmwucyba | 2010-01-08 17:11