ブログトップ

カメラマンのお仕事

szpck4.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「戦え!」中曽根氏ら首相経験者が谷垣氏にカツ(産経新聞)

 「戦うときは積極的に戦え」−。中曽根康弘元首相は7日、新年のあいさつに東京・虎ノ門の事務所を訪れた自民党の谷垣禎一総裁に対し、通常国会に臨む姿勢をこう強調し、温厚で「お人よし」といわれる谷垣氏に「鬼」になるよう指導した。

 中曽根氏は、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の政治とカネをめぐる問題を攻めるよう具体的なアドバイスも行った。

 谷垣氏は続いて海部俊樹、福田康夫両元首相の事務所を訪問。福田氏は天皇陛下と習近平中国国家副主席との「特例会見」問題を挙げ「憲法の原則を曲げるようなことにはきちんと追及すべきだ」と述べた。

 一連の会談では、夏の参院選の出馬に意欲をみせる山崎拓元副総裁の去就も話題になった。小泉純一郎元首相に引退勧告された経験をもつ中曽根氏が「山崎君もだいぶ悩んでいるようだ」と振ると、谷垣氏は「衆院選はそう遠くない。参院選のことだけを考えてもいけない」と、公認に慎重な考えを改めて示した。

 海部氏は「年長者の問題は右顧左眄(うこさべん)せず、総裁自身が決めるべきだ」と、谷垣氏のリーダーシップ発揮を促した。

上野の鬼嫁日記
しげふみのブログ
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
競馬サイト
[PR]
by yfjmwucyba | 2010-01-08 17:12

<カンボジア>地雷原に綿花を 支援NPO認証へ(毎日新聞)

 今なお多くの地雷が残るカンボジアの「地雷原」で生きる貧しい人々を、綿の有機栽培を通じて支援するNPO法人が、国内の写真家らによって設立される。近く東京都の認証を受ける予定だ。NPOの名称は「地雷原を綿畑に!」。半世紀前に途絶えた伝統の手紡ぎ技術を復興、木綿を生産し、日本など先進国で販売する。有機栽培の木綿製品は高品質な「オーガニック・コットン」と呼ばれ、国内の業界からも注目されている。【永山悦子】

【関連写真特集】悪魔の兵器 地雷の恐怖

 NPOの共同代表者を務めるのは、カンボジアで貧困にあえぐ住民への支援活動に取り組んできた山本賢蔵さん(49)と、写真家の石井麻木さん(28)。

 NPOは、プノンペンの北西に位置し、タイ国境に近いバタンバン州内の地雷原に住む人々に綿の有機栽培を指導する。政府機関に依頼して、畑の地雷を除去。採取した綿から糸を紡ぎ、ストールなどに加工して販売する。同州には地雷被害で足などを失い、経済的に困窮している人が多い。現在、綿栽培に5家族、手紡ぎに30家族が参加し、徐々に収入を得始めている。

 カンボジアの綿栽培は約50年前まで盛んだったが、内戦によって廃れた。山本さんは07年、プノンペンの北東約90キロのメコン川に浮かぶコーソチン島に綿栽培技術がかろうじて残っていることを知った。「カンボジアの伝統技術を復興させ、カンボジアの人々の誇りを取り戻させたい」と綿栽培の振興に乗り出し、手紡ぎ技術を覚えている80歳代のおばあさんを探し出した。

 石井さんは昨年3月に現地を訪れた際、地雷と隣り合わせに生きる人々の存在を知り、大きな衝撃を受けた。「知ったからには何もしないわけにはいかない」と突き動かされ、共同代表者として主に国内の活動に取り組むことになった。

 メンバーは現地の住民が綿栽培や手紡ぎを学ぶ会を開いたり、住民に手紡ぎ機を贈呈する活動を始めている。石井さんは「私たちが訪れるたびに皆の笑顔の輝きが増す。この笑顔がずっと続くように、私たちも一生活動を続けなければならない」と誓う。

 問い合わせは、ファクス(050・3488・5970)かメール(info@naturesavescambodia.org)へ。

【関連ニュース】
写真と図で知るクラスター爆弾
タイ:貨物機から大量の兵器押収 北朝鮮から飛来、密輸か 09年12月
時代を駆ける:有森裕子/1 第2のライフワークはカンボジア支援
<ニュースがわかる>核兵器のない世界へ
社説:2010再建の年 国際 核廃絶に踏み出す時だ

w3de7p42の日記ブログ管理ツール
x728244xのブログ
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
[PR]
by yfjmwucyba | 2010-01-08 17:12

<ウマヅラハギ>福井沖で大漁 エチゼンクラゲの副産物(毎日新聞)

 淡泊な白身と濃厚な味の肝で鍋物などに珍重されるウマヅラハギの大漁が福井県沖の日本海で続いている。好物の餌はクラゲで、地元の漁師の間では「2年ぶりに大量発生したエチゼンクラゲがもたらした副産物」と、話題になっている。

 ウマヅラハギはフグ目カワハギ科の魚で、今が旬。漁師らによると、昨年10月ごろからよく取れるようになった。福井県美浜町の日向漁協では、ふだんなら1トンの水揚げでも豊漁とされるが、先月下旬には5トン以上の水揚げがある日もあった。宴会が多い時期で需要も多く、値崩れも少ないと喜ばれている。

 体長が1メートル以上にもなる大型クラゲ・エチゼンクラゲの副産物として、同県沿岸では確認されることの少ないウミガメの一種でクラゲを餌にするオサガメが秋以降に相次いで確認されていることも話題になっている。

 同県小浜市沖の若狭湾で定置網漁をする浦谷俊晴さん(40)は、「これほどのウマヅラハギの大漁は記憶にない」と指摘し、「エチゼンクラゲはいないに越したことはないが、環境は変化している。それに対応して漁もやっていかなければならない」と話した。【高橋隆輔】

【関連ニュース】
ホッキ貝:冬季漁が本格化 北海道の苫小牧漁港で
日露地先沖合漁業交渉:10年の相互入漁漁獲枠は微減
ネット利用:漁の様子を生中継、販売も…岩手県大船渡市で
農and食・捨てないで:第4部・生産現場から/下 規格外の魚、活用に知恵
マグロ:正月用、水揚げ大忙し−−銚子漁港 /千葉

お弁当の知恵
げんいちのブログ
クレジットカード現金化
ネイルサロン
パチンコ攻略
[PR]
by yfjmwucyba | 2010-01-08 17:11