ブログトップ

カメラマンのお仕事

szpck4.exblog.jp

5月から市町村ごとに発表=気象庁の警報・注意報(時事通信)

 気象庁は21日、大雨や洪水などの警報・注意報を5月から計約1780の市町村単位で発表することを明らかにした。現在は都道府県を幾つかに細分化し、全国計374の地域ごとに発表しているが、住民が自分の住む市町村が警報・注意報の対象かどうか、すぐに分かるようにするため。
 集中豪雨などの局地的な現象が発生した際に、より的確に対象を絞って警報・注意報を発表したり、大規模な現象が起きてから時間が経過した際に、早めに解除したりする上で効果的という。
 一方、発表の分量や回数が増える問題もある。テレビやラジオで警報・注意報が報道される際には、引き続き現在の地域ごとに伝えられる場合がある見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
聴覚障害裁判員候補 手話通訳の手配怠る(産経新聞)
足利再審、菅家さんの追及にも元検事謝罪せず(読売新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
[PR]
by yfjmwucyba | 2010-01-27 10:04
<< <雑記帳>飼い犬に「犬の住民票... <コンビニ強盗>ノコギリ持ち押... >>