ブログトップ

カメラマンのお仕事

szpck4.exblog.jp

西日本などで部分日食=日没直前、那覇で最大6割(時事通信)

 15日夕、関東より西の地域で太陽の一部が欠ける部分日食が起きた。国内では西に行くほど欠ける割合が大きい上、日没が遅いため好条件となり、那覇では日没直前の同5時58分ごろ、最大で太陽の約6割が欠けた。
 同日夕の那覇市の天候は晴れ。市内の公園で開かれた観測会では、子供たちが日食観測用のグラスを手に、欠けながら沈んでいく太陽を眺めた。
 国立天文台によると、那覇では15日午後4時48分ごろから欠け始め、最大で約62%が欠けた。
 日本で日食が観測できるのは、鹿児島県・トカラ列島などで皆既日食となった昨年7月22日以来。日の入り直前でも太陽を直接見ると目を痛めるため、国立天文台は日食観測用の遮光グラスを使うなど安全な方法で観測するよう呼び掛けた。 

【関連ニュース】
〔特集〕世紀の天体ショー 皆既日食
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
西日本で部分日食=日没直前、那覇で最大6割
超新星爆発後、巨大火の玉に=衛星「すざく」で発見

働く20〜40代の6割が貯金300万以下(産経新聞)
稲嶺氏先行、島袋氏が猛追…名護市長選読売調査(読売新聞)
<阪神大震災>犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
雪の三沢飛行場、日航機立ち往生2時間余(読売新聞)
同時改定に向け医療と介護の合同検討会を設置へ(医療介護CBニュース)
[PR]
by yfjmwucyba | 2010-01-19 23:18
<< 小沢氏、記者団に「何も職を辞す... 水俣病一時金、被害者団体と20... >>