ブログトップ

カメラマンのお仕事

szpck4.exblog.jp

<ウマヅラハギ>福井沖で大漁 エチゼンクラゲの副産物(毎日新聞)

 淡泊な白身と濃厚な味の肝で鍋物などに珍重されるウマヅラハギの大漁が福井県沖の日本海で続いている。好物の餌はクラゲで、地元の漁師の間では「2年ぶりに大量発生したエチゼンクラゲがもたらした副産物」と、話題になっている。

 ウマヅラハギはフグ目カワハギ科の魚で、今が旬。漁師らによると、昨年10月ごろからよく取れるようになった。福井県美浜町の日向漁協では、ふだんなら1トンの水揚げでも豊漁とされるが、先月下旬には5トン以上の水揚げがある日もあった。宴会が多い時期で需要も多く、値崩れも少ないと喜ばれている。

 体長が1メートル以上にもなる大型クラゲ・エチゼンクラゲの副産物として、同県沿岸では確認されることの少ないウミガメの一種でクラゲを餌にするオサガメが秋以降に相次いで確認されていることも話題になっている。

 同県小浜市沖の若狭湾で定置網漁をする浦谷俊晴さん(40)は、「これほどのウマヅラハギの大漁は記憶にない」と指摘し、「エチゼンクラゲはいないに越したことはないが、環境は変化している。それに対応して漁もやっていかなければならない」と話した。【高橋隆輔】

【関連ニュース】
ホッキ貝:冬季漁が本格化 北海道の苫小牧漁港で
日露地先沖合漁業交渉:10年の相互入漁漁獲枠は微減
ネット利用:漁の様子を生中継、販売も…岩手県大船渡市で
農and食・捨てないで:第4部・生産現場から/下 規格外の魚、活用に知恵
マグロ:正月用、水揚げ大忙し−−銚子漁港 /千葉

お弁当の知恵
げんいちのブログ
クレジットカード現金化
ネイルサロン
パチンコ攻略
[PR]
by yfjmwucyba | 2010-01-08 17:11
<< <カンボジア>地雷原に綿花を ...